苦学生は大変だ

困難になり、過去には、ほとんどの親が子供の大学の研究資金を調達する余裕がなかった、それが今、単純な非経済的な現実です。
ほとんどの学生は、今日は、高い授業料を一人で対応し、高い手数料を支払うためにさまざまな方法を見つけることを余儀なくされています。

様々な学生ローンは、金融機関を通じて、多​​くの場合、様々な大学と協力援助機関を通して撮影することができます。
要するに、私たちは、従来のローンとどのようにあなたが要求した融資の額を終了するために計画する。

背後にある基本的な概念は、彼らの研​​究の終わりに、学生は安定した収入を持つ専門家になることです。
したがって、銀行はそれらの低い経済的リスクとローンの条件を緩和して喜んでと考えています。
学生ローンは、その返済能力に対応しています。

これは、学年の間に毎月の返済額が非常に低くなり、徐々に上昇することを意味します。
繰り返しますが、それは、その毎月の支払額は、学生が彼の研究を完了し、高い毎月の支払額を回収することができるようになります増加する期間まで想定されます。

プリンター故障

先日、年賀状を印刷する前に調整をしようとするとプリントヘッドが目詰まり(使用頻度が低いので…)していたので
ヘッドクリーニングしてノズルチェックパターン印刷をするとインクは全6色(染料系ブラック、グレー、シアン、イエロー、マゼンダ、顔料系ブラック)は出る様にはなったのですが、顔料系のブラックのみ
印字の中心部分が1ミリほど左右にぶれる様になりました…

まぁ互換インク使用しているのと印刷頻度が低いのでヘッドが乾くのが原因だと思いますが…

一応修理に出す気は無いですが、Canonのサポートを見ると修理料金は一律\13,000+宅配引取り\\1,500で\14,500も掛かる事に…

現在Canonは交換用ヘッドの販売はしていないのですが、ネットで検索すると販売している所が
幾つか在りました、ただし中古をクリーニングしたリサイクル品を箱詰めした偽物が殆どとの事…
おまけに価格が\14,000程します…
もうアホかと…

丁度今頃は新製品が出る頃ですので2014年のモデルを価格comで調べると、
今までの機種(2012年、MG6330)とほぼ同機能物(2014年、MG6730)が\9,000位で在ったので
早速注文し、今届いてセットアップ中です。

一応MG6730のプリントヘッドをMG6330にセットしてノズルチェックパターン印刷をした所、
正常に印字されました。
(MG6330は印刷枚数が151~200枚となっており少ないですね…)

家族写真と年賀状

最近は年賀状を出す方が減りました。自分ももらわない限り送りません。
基本的にメールで新年の挨拶を済ませています。
でも年賀状をもらうとどうしてもチェックしてしまうのが抽選番号です。
年賀状の楽しみの一つで、昔は記念切手をもらえるだけで大喜びしていました。
最近は当たるほどもらわないのでここ数年は手にしていません。

ですが、ここ数年は違う楽しみに気付きました。
それは年賀状の写真です。乳幼児やペットと一緒に写っている写真は本当に微笑ましく気持ちがホッコリします。
特に弟家族の年賀状が笑えました。欲張りすぎたのでしょう。
写真サイズを自分で変えて作ったようで顔が少しペチャっとしていました。
丸顔の甥っ子が卵みたいな輪郭になっていたんです。
それもまた弟らしくて笑えました。
両親そして祖父母は嬉しそうに部屋に飾っていました。

年賀状は挨拶だけでなく個性も出せる一つの作品のような気もします。
たまには年賀状で挨拶も心温まるものになるのかなと思い、
年賀状を自宅のパソコンで作成しようと試してみました。
しかし、プリンターの調子が悪く、綺麗に印刷できません。写真なんて見られたものではないんです。

そこで、年賀状印刷を比較して、写真年賀状を安く用意してくれる業者をみつけました。
写真も綺麗に印刷され満足でした。
年賀状を受け取った両親は喜びもありましたが珍しがって驚く姿が印象に残っています。

ロボティクスmemmbershipとは

会員であること、これには権利や義務が付帯します。
有料の場合、会費を支払うことが当然の義務であります。
これは、数人のグループからたとえば自分が所属していた日本ロボット学会でも会の規約があり、年会費の支払いは決まっています。
万一支払うことができなくても、会にとって必要不可欠な人であるならば、規約で名誉会員等にするわけです。
会の責任者はこういう重要なことははっきりさせなくてはなりません。
私はかなり多くの趣味の会をやっています。外国語の翻訳、通訳、ロボティックス関連の審査委員、スポーツ関係、数えればきりがありません。
しかし会員であることの初めは、会費納入です。そして、会のために活躍したいと思います。それが自分が生きたあかしとなるでしょう。